ギターコードの押え方、覚え方『ギターコード ファーストステップ』初心者向けギターコード教室

5弦ルートまとめ

5弦ルートまとめ
チェックマークBメジャーコード
2fを人差し指で、セーハーします。(ただし6弦は、おさえる必要はありません)
5弦・4弦・3弦・2弦・1弦の2fを人差し指でおさえます。
チェックマークBマイナーコード
2fのセーハーはそのままで、2弦は半音下がる。です。
チェックマークBセブンスコード
2fのセーハーはそのままで、3弦が1音下がる。です。
チェックマークBマイナーセブンスコード
2fのセーハーはそのままで、3弦が1音下がりつつ、2弦は半音下がる。です。

コードの音程を変える
コードにはド・レ・ミ・・・という音階と同じで、C・D・E・F・・・という音階に沿ったコードがあります。
この5弦ルート(Bコードの形)を平行移動(横にずらす)ことにより変わります。
Bの形のまま横にずらすのです。

するとコードは5弦の音程と同じになります。つまり人差し指の5弦の音階がそのまま、コードとなるのです。
ルートの音(元になる音)が5弦にあるから、5弦ルートですよ。

5弦の音程分かりますか?
開放がA、
2fがB、
3fがC、5fがD、7fがE、8fがF、10fがG、12fがA、14fがB
となります。

なので、5弦ルートのコードも

半音上げるとC(人差し指が3f)
1音上げるとD (人差し指が5f)
1音上げるとE (人差し指が7f)
半音上げるとF (人差し指が8f)
1音上げるとG (人差し指が10f)
1音上げるとA (人差し指が12f)
1音上げるとB (人差し指が14f)

そしてBから1音下げるとAです。

押え方は
人差し指で
4弦,3弦,2弦の2fを人差し指でおさえます。
5弦,1弦は開放です。

この5弦ルートも
5弦と4弦だけ弾くとパワーコードなのです。



■ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

サイドメニュー


ギター ブログランキングへ