ギターコードの押え方、覚え方『ギターコード ファーストステップ』初心者向けギターコード教室

6弦ルートまとめ

6弦ルートまとめ
チェックマークFメジャーコード
1fを人差し指で6弦から1弦までおさえて
5弦3fを薬指
4弦3fを小指
3弦2fを中指でおさえます。
チェックマークFマイナーコード
Fの形から、「中指を離す」です。
チェックマークFセブンスコード
Fの形から、「小指を離す」です。
チェックマークFマイナーセブンスコード
Fの形から、「中指と小指の両方を離す」です。

コードの音程を変える
コードにはド・レ・ミ・・・という音階と同じで、C・D・E・F・・・という音階に沿ったコードがあります。
この6弦ルート(Fコードの形)を平行移動(横にずらす)ことにより変わります。
Fの形のまま横にずらすのです。

するとコードは6弦の音程と同じになります。
つまり人差し指の6弦の音階がそのまま、コードとなるのです。

6弦ルートは、押さえている6弦の音階が元になっているコードのことなのです。

どういうことかと言うと・・・
6弦の音程分かりますか?
開放がE、
1fがF、
3fがG、5fがA、7fがB、8fがC、10fがD、12FがE、13fがF
です。

6弦ルートのコードも同じで、
Fを押さえてみると・・・人差し指が1fにあります。6弦1fの音階は「F」なのです。だからコードも「F」と覚えましょう。

そしてその形のまま 1音上げると(1人差し指を3fに持っていくと)、6弦の3fはGなのでコードも「G」。
もう1音上げるとA(人差し指が5f)
もう1音B(人差し指が7f)
半音上げるとC(人差し指が8f)、1音D(人差し指が10f)、1音E(人差し指が12f)、半音F(人差し指が13f)
といった具合です。

ちなみに、Fを半音さげるとEコードですよ。
「Eコード」を押さえるときは、人差し指の位置にフレットがあるので、指を変えます。
6弦 開放(おさえないで音をならす)
5弦 2f(中指)
4弦 2f(薬指)
3弦 1f(人差し指)
2弦 開放
1弦 開放 となります。

パワーコードの正体

実はみんなが好きなパワーコードは
6弦ルート・Fコードの6弦と5弦だけを弾いたものです。
Fコードの超省略した形だったのです!!

Fコードはメジャーもマイナーも関係が無く同じ押え方で弾けちゃうんです!!



■ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

サイドメニュー


ギター ブログランキングへ