ギターコードの押え方、覚え方『ギターコード ファーストステップ』初心者向けギターコード教室

コードのりくつを覚えよう

コードを理論的に理解してギターへ展開すると、意外と簡単に覚えることが出来ます。
そしてギターソロへ応用することも出来ます。

このページでは、できるだけ音楽用語を使わないで、
わかりやすく、簡単に理解できるように解説しました。

是非、順番通りに少しずつ勉強していってくださいね。

第6回5度をフラットさせる

さて
ド・ミ・ソ・シ(C・E・G・B)
についてそれぞれの音がb(フラット)すると・・・・
という感じで進めてきましたが、
一つフラットさせていない音があります。

そう
ソ(G)の音がまだフラットしていませんね。

それではソ(G)をフラットさせよう!
コードは
ド・ミ・ソb・シ(C・E・Gb・B)です。

ソ(G)は
Cメジャースケール(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド)の
5番目の音です。
この音を5度と言います。


ド・ミ・ソb・シ(C・E・Gb・B)
のコードネームは
CM7 b5
シーメジャーセブン フラットフィフス と呼びます。


コードネームに「フラットフィフス」がつくのです。
5度がフラットしてますよ・・という意味。



ということは
ド・ミ・ソ・シb(C・E・G・Bb)
はC7ですが
このC7の5度がbすると、


C7 b5(シーセブン フラットフィフス)という名前になり、
ド・ミ・ソb・シb(C・E・Gb・Bb)
というコードになります。



完全5度という言葉がありまが、これについては、いつか書きます。
今回のところは
5度もフラットさせていいんだ!
ということがわかれば よし とします。

では



■ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

サイドメニュー


ギター ブログランキングへ