ギターコードの押え方、覚え方『ギターコード ファーストステップ』初心者向けギターコード教室

コードのりくつを覚えよう

コードを理論的に理解してギターへ展開すると、意外と簡単に覚えることが出来ます。
そしてギターソロへ応用することも出来ます。

このページでは、できるだけ音楽用語を使わないで、
わかりやすく、簡単に理解できるように解説しました。

是非、順番通りに少しずつ勉強していってくださいね。

第4回セブンス、メジャーセブンス

トライアード(3和音)について説明してきました!

今回は
「ド・ミ・ソ」(英語で言うと「C・E・G」)のトライアード(3和音)に
もう一つ音を追加してみよう!


追加する音は
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドの
7度(7番目の音)
「シ」
です。

「ド・ミ・ソ・シ」(英語だと「C・E・G・B」)になります。

実際にキーボードで音を出して確認してほしいのですが
この「シ」を追加すると
何か南の風が吹くというか ゆるやかな時間が流れると言うか・・・。
「ド・ミ・ソ」より少しゆったりした感じが出ませんか???

コードでは一つの音が加わったり、半音上がったり下がったりすると
雰囲気が変わるんです。

ちなみに
「ド・ミ・ソ・シ」(英語だと「C・E・G・B」)

「Cメジャーセブン」というコードです。
「CM7」とか「C△7」 とか書きます。

コードCに7番目の音を追加した という意味です。



そして
7番目の音(シ(英語ではB))が半音下がると
「セブンス」というコードになります。

「ド・ミ・ソ・シb(bはフラットと読みます。半音下げるという意味ですよ。)
英語は「C・E・G・Bb」
これは

「Cセブンス」というコードです
C7と書きます。


「シb」をセブンス といいますが「7th」と書く場合もありますよ。


M7thと7thは違うコードです!
是非、音を出して確認してみてくださいね!


今回はここまで



■ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

サイドメニュー


ギター ブログランキングへ