ギターコードの押え方、覚え方『ギターコード ファーストステップ』初心者向けギターコード教室

コードのりくつを覚えよう

コードを理論的に理解してギターへ展開すると、意外と簡単に覚えることが出来ます。
そしてギターソロへ応用することも出来ます。

このページでは、できるだけ音楽用語を使わないで、
わかりやすく、簡単に理解できるように解説しました。

是非、順番通りに少しずつ勉強していってくださいね。

第2回メジャーコードとマイナーコード

コードのメジャーとマイナーというのは、「有名」「無名」ではなく、
「明るい」「暗い」を意味します。
メジャーは「明るい」マイナーは「暗い」ということになります。

それでは
前回でやったコード「ド・ミ・ソ」を少し変化させてみます。

そうそう、伝え忘れていたのですが
「ド・ミ・ソ」は英語でいうとCコード(細かく言うとCメジャーコード)です。
この3和音の事を「トライアード」と言います。
この3和音がコードの基本となりますよ。


さぁ「ド・ミ・ソ」のミの音(3度)を半音下げてみよう。
(半音下げる事を♭(フラット)と言います)

「ド・ミ ♭・ソ」
(キーボードなどで弾いてみてくださいね。。)

暗い感じの音になりましたよね!?

そう
これが、マイナー というやつです。

今弾いた
「ド・ミ ♭・ソ」は英語で言うと
Cm (シーマイナー)と言います。

何か聞いた事がある?


他のコードにも、応用出来ます。
基本コード(トライアード)は「1度、3度、5度」の3音で出来ているので
この3度を♭(フラット)させるとマイナーになる
ということなのです。


まとめ メジャーコードの3度を半音下げると マイナーコードになる!!

3度の音がマイナーになるかメジャーになるかを左右します。

たった一つの音の違いでも大きな効果になるんですね!


コードの勉強する時はキーボードで音を出して確かめながら、進めると理解が深まるよ!



■ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

サイドメニュー


ギター ブログランキングへ