ギターコードの押え方、覚え方『ギターコード ファーストステップ』初心者向けギターコード教室

コードのりくつを覚えよう

コードを理論的に理解してギターへ展開すると、意外と簡単に覚えることが出来ます。
そしてギターソロへ応用することも出来ます。

このページでは、できるだけ音楽用語を使わないで、
わかりやすく、簡単に理解できるように解説しました。

是非、順番通りに少しずつ勉強していってくださいね。

第5回メジャーコードとメジャーセブンス

この音楽理論の世界にも慣れてきましたか?
慣れって非常に大事です。

さて今回も、音楽理論の話に入りましょう!


「ド・ミ・ソ」(C・E・G)は
Cコードです。いわゆる「シー」というコードです。


「ド・ミ・ソ・シ」(C・E・G・B)は
CM7(C△7)
「シーメジャーセブン」というコードです。

これはわかりましたか??



それでは僕から質問です。
Q:Cマイナーメジャーセブン というコードは? ある?ない?



A:あります。



すこし詳しく見ていきましょう!

まずC(メジャー)コードは
「ド・ミ・ソ」(C・E・G)ですね。
これを
Cm(マイナー)にしてみよう!



えーと
3度の音が半音下がる(b (フラット))とマイナーだから・・・・

「ド・ミb(フラット)・ソ」(C・Eb・G)

Cm(マイナー)です。



このCmに4つめの音を追加します。
7thかM7を追加します。


7th(シb(フラット)(Bb))の音を追加すると
Cm7
(シーマイナーセブン)または(シーマイナーセブンス)
になります。




いうことは・・・・・・・



シーマイナーメジャーセブンスは、
「ド・ミb(フラット)・ソ」(C・Eb・G)

Cm(マイナー)に、

シ(B)を追加すると・・・・
「ド・ミb(フラット)・ソ・シ」(C・Eb・G・B)

CmM7(またはCm△7)
シーマイナーメジャーセブン(シーマイナーメジャーセブンス)
というコードになります。


わかります?
ゆっくり一つづつ
理解していってくださいね。


今回はここまで



■ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

サイドメニュー


ギター ブログランキングへ