ギターコードの押え方、覚え方『ギターコード ファーストステップ』初心者向けギターコード教室

コードのりくつを覚えよう

コードを理論的に理解してギターへ展開すると、意外と簡単に覚えることが出来ます。
そしてギターソロへ応用することも出来ます。

このページでは、できるだけ音楽用語を使わないで、
わかりやすく、簡単に理解できるように解説しました。

是非、順番通りに少しずつ勉強していってくださいね。

第3回ルート

今回は「ルート」について説明します。

前回までの内容で「ド・ミ・ソ」は
Cというコード だということを説明しました。

このCコードの 「ルート」は、ドになります。

Cコードで言うと「C」という音です。


コードの基本は「1度、3度、5度」という音で構成されていると 説明しましたが
ルートというのは
コード構成音の「1度」のことです。


「ド・ミ・ソ」でいうと ルートは「ド」です。
Cコード(構成音はC・E・Gです)のルートは「C」です。


「レ・ファ・ラ」のルートは「レ」になります。



今回はここまで



■ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

サイドメニュー


ギター ブログランキングへ