ギターコードの押え方、覚え方『ギターコード ファーストステップ』初心者向けギターコード教室

パワーコード

パワーコードとは??
パワーコードというのは『エレキギター』特有のコードです。
通常コードというのは3和音以上(3つ以上の音が合わさったもの)で構成されるのですが、 『パワーコード』は2和音なのです!!
もっとも簡単なコードと言えます。 しかし、エレキギターでは多く使う非常に重要なコードになります。
(エレキギターは音を歪ませて音に厚みを出すため、2和音でも重厚な音が出るのです)

パワーコードを弾くには??
チェックマークチューニングします。
       (ギターを弾く前には必ずチューニングしましょう!(ケースから出した後などは必ず必要です))
チェックマーク音を歪ませます。
       (アンプのGainを最大。またはエフェクターのオーバードライブやディストーションを使います)

ギターの練習は『メトロノーム』を使うと効果的です。

パワーコードの押え方
パワーコードというのは、弦で2本弾きます。

まず、最初に
6弦5f(フレット)を人差し指。
5弦7f(フレット)を中指か小指でおさえます。
そして6弦と5弦を弾きます。じゃらーん。と。。


このときのコツは、6弦を人差し指でおさえるのですが
人差し指で5から1弦もさわっておく のです。(5から1弦を人差し指の腹でミュートする ということです。)
そうすると、弾く時に4弦や3弦まで弾いてしまっても「音が出ないんです」。

早速弾いてみよう。ちょっとしたフレーズを弾いてみよう!
6弦5f(フレット)を人差し指。5弦7f(フレット)を中指か小指でおさえます。
弾く長さは、弾いてから4つ数えます。「じゃらーん。」と。

はい、弾けたら。その形のまま、ずらします。

次は、人差し指が3f(6弦)(中指か小指が5弦の5fになりますね)

次は、人差し指が1f(中指か小指が5弦3f)

次に、6弦は、なにもおさえない。5弦2fを中指でおさえます。
このとき中指の頭は5弦2fをおさえますが、中指の腹で4弦をさわっておきます。(4弦をミュートします)
ストロークは6弦、5弦、4弦あたりを弾きます。

どうですか?弾けますか??

※音を止めるときは??
音を止めるときは、右手で弦を触ります。べったり。と。
弦を「チョップ」するような感じです。「空手チョーップ!!」って感じ。



■ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

サイドメニュー


ギター ブログランキングへ